banworldのブログ

登山。ゴルフ。日々の出来事。関心ある事。

トイレの神様

こんにちは。

昨夜は見事に画像を貼ることができました。
インスタよろしく、バンバン貼っていきますよ。
なんてな。

さて、西野カナが大・大・大好きな私ですが、カナはカナでも、植村花菜の方って言ったら、そう。
トイレの神様』ですねー。

あれ?
どんな歌か思い出せない。
最近、めっきり聴かなくなりましたね。
ピークの時はマジ、テレビつける度に耳にして、「ア゛ーッッッ!○○い!」ってなり、チャンネル変えましたね。
ナツイね。

今日はその、「トイレの神様」の話。

すごく感動した体験でした。

ある駅でのこと。
用を足そうと(小)、トイレに向かうと、そこには《清掃中》の看板が。
まあ、清掃中でも入れるので入りました。
当然、掃除のおばさまが、床をブラシで磨いています。
小で用を足していると、50代のビジネスマンが入ってきました。
するとその人は、掃除のおばさんに、
「いつもありがとう。」とそれはそれは、サラッと言いました。
本場、英国紳士顔負け。
ビビってきましたね。
『かっけー(//∇//)。かっこよすぎる。』
普通、言う?
そりゃ、駅トイレの掃除は大変よ。
そんなのわかってるし、掃除して綺麗にしてくれる人がいるから、あの清潔さが保たれているわけで。

と思っていたら、衝撃第2弾がきました。
また別のこれまた50代が同じく、「どうもー。いつもありがとね。」

いやいや。

ここはロンドンのトイレか?

えー!?
流行ってんの?
国挙げて、ありがとう運動してるの?
マジ、感動ですよ。
さらにですよ!
言われたおばさまも、「いいえー。いつも綺麗に使ってもらって、ありがとねー。」
……ここに、英国淑女もいました。
言われた方も、嬉しいだろうなー。

とっくに用は終わってんのに、アレ丸出しのまま、小便器に仁王立ちで、一連の会話を聞くこと、3分。

その紳士二人は、そこの駅の駅員さんではないですよ。
例え、その紳士二人があの駅をよく使い、トイレに行く回数と、偶然、掃除のおばさまに会う確率を考慮しても、そうしょっちゅう顔を合わす間柄ではないし。
あの紳士二人は普段から、このような挨拶を自然とされているんだなぁ。と思いました。

とても気持ちのいい日でした。

自分も、自然と感謝の気持ちを全く知らない人にでも、できるような人間になりたいです。

あ、そこのアナタ。
いつも読んでくれて、ありがとう。
ポチッとお気に入りにいれてくれて、ありがとう。

ありがとう ありがとう
ありがとう ありがとう ありがとう
小さな小さな幸せでいい
僕らにずっと続きますように…

いい歌詞ですね。
年始早々に世間を騒がせた、国民的アイドル SMAPの《ありがとう》ですよ。

ショックだったなぁ。
香取慎吾とは同い年で隣の中学でした。
キムタクは海で見たことあります。
弟が若干、草剪に似てる時期がありました。
なんか縁があるのかなー。

ないわ!ヽ(・∀・)ノ

SMAP大好きです!
モロ世代ですし、アイドルといえば、やはりこのSMAPです。
歌もカラオケで唄えるレベルを提供してくれるし、キムタクイケメンだし。
キムタク好きなんだよなー。
巷の噂は本当なのかなー。
うまーく着地点持ってきて、再スタートしてくれないかなー。
難しそうだけど。
でも、応援しています!

長文、お読みくださり、ありがとう!
おやすみなさい。